伊藤 寛規(いとう ひろき)氏について ※ウィキペディアより

ラジコンヘリコプターのパイロット(操縦士)

7歳よりラジコンヘリコプターをはじめる。 2001年度F3C日本選手権に初出場(成績5位)。

毎年F3C日本選手権に出場。

2005年度F3C日本選手権で初優勝後、2013年まで連続して優勝(2006年度F3C日本選手権は天候により中止)。

また、2年に一度実施されるF3C世界選手権においては、2005年度スペインで史上最年少で優勝。

その後2007年ポーランド、2009年アメリカ、2011年イタリアで優勝し、史上初の4連覇となった(それまではF3C世界選手権史上2連覇が最高)。

2013年7月19日から28日にかけてポーランドで開催されたF3C世界選手権では、惜しくも2位となり連覇がストップした。

2013年10月、前述のF3C世界選手権4連覇の記録がギネス世界記録として認定された。

3Dフライト(アクロバティックな飛行を中心とした飛行)に活躍の場を広げ、世界各国で行われる大会にも積極的に参戦。

2012年~2016年 日本遠隔制御 株式会社の専属パイロットとなる

2017年~ イタリアラジコンヘリ機器メーカー「SAB」専属パイロットとなる

2018年~現在 PRODORONE専属パイロットとなる

主な経歴

2015年07月 F3C世界選手権 優勝

2017年07月 F3C世界選手権 第2位

2019年08月 F3C世界選手権 優勝 ※チームJapanも団体で優勝

2019年11月 F3C日本選手権 優勝 ※国内選手権においては、現在14連覇中


チラシ(注文用紙)PDFファイル